上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「チャーガは活性酸素を除去するSOD様活性が強い」

「チャーガは免疫機能を活性化するβ-D-グルカンなどの多糖類が極めて多い」

このように、チャーガの薬効を探るうえで、今までよく語られてきたのが「SOD様活性」の高さと「β-D-グルカン」量の多さだった。

ところが、最近になってまた新たな成分名が注目されている。

ロシアの研究機関の調べで、チャーガが合成する「メラニン色素」に、病気を抑制する作用があることがわかってきたのだ。

また一つ、チャーガのパワーの秘密が解き明かされた。

メラニンという名は、たぶんほとんどの方が耳にしたことがあるだろう。

特に女性の場合は、肌との関わりのなかで、「紫外線から肌を守ってくれる」あるいは「シミなどの原因物質」といった認識があるのであはないだろうか。

メラニンは動物の皮膚などにある色素で、肌の色を決定したり、紫外線から肌を守るなどの重要な役割がある。

たとえば、色黒の人はメラニンが多く、色白の人はメラニンが少ないといった違いがある。

一方で、メラニンは色素沈着を起こしてシミの原因にもなってしまう。

紫外線に当たると色が黒くなるのは、肌を防御するためにメラノサィトという色素細胞が働き、メラニンを作り出すためだ。

つまり、日に焼けて肌が黒くなるのは、紫外線から肌を守る肌の機能が働いたサインなのである。

普通メラニンは皮膚の新陳代謝と共にアカとなって排出されるしくみになっている。

しかし、これがスムーズに機能しないと、皮膚の内部に取り残されて色素沈着を起こしてしまう。

その結果が女性の大敵シミである。

だからといって、メラニンが無くては困ってしまう。

メラニン生成は、人間にとって欠かせない生体の防御システムの一環なのである。

そして、チャーガが生成するフェノール系高分子色素もこのメラニンではないか、というので、研究対象となった。

実は今、科学者らの間で世界的にメラニンに対する興味が広がっている。

なぜなら、メラニンには強力な「抗酸化作用」と「遺伝子保護作用」あることが明らかになったためだ。

活性酸素除去酵素SODなどと同様に、メラニンは体液や細胞の酸化を抑え、健康を維持するための重要な働きをするといぅのである。

主に研究の対象となっているのは動植物起源のメラニンだ。

とりわけきのこなどの菌類が合成するメラニン色素は、「医薬品や化粧品の製造用として手に入り易い」、しかも「経済的に有利な原料となる可能性がある」として熱い視線が注がれている。

菌類のメラニンをうまく活用すれば、すぐれた医薬品や化粧品が製造できるのではないか、という期待が高まっているわけだ。

ただし、菌類が合成するメラニン色素は非常に研究が困難だったために、実用化が後回しになっていたのである。

そして今回、ロシアのべラルーシ国立科学アカデミー微生物学研究所では、V・G・バビーツカヤ、V・V・シチェルバ、N・V・イコンニコヴァらのチームがついに研究に着手。

チャーガが生成するメラニン色素の物理・化学的特性の究明を行なった。


チャーガの抗癌作用を実証した日本での研究
スポンサーサイト
2011.02.22 Tue l 健康 l top
「カバノアナタケはガンのみでなくエイズウイルスに対しても有効である」

「日本工イズ学会」で、その衝撃的事実が発表されたのは1993年のことだった。

そう、あのエイズにカバノアナタケが効くというのだ。

この発表は、大阪府立公衆衛生研究所主任研究員大竹徹氏によるもので、94年には、同研究所による具体的な実験研究結果が、「日本薬学会第41回年会研究会」でも報告された。

それによると、「カバノアナタケの抽出物は、天然物としてはきわめて高い抗HIV作用を示すことが明らかになった」という。

続けて95年には、カバノアナタケのHIV抑制効果について「第6回抗ウイルス科学療法研究会」で報告があった。

その内容は、元道立衛生研究所(現国立感染症研究所、東京都)と北海道名寄市内の農産物加工会社サラダメロンの共同研究「カバノアナタケのHIV抑制効果」に関するものだった。

実験を簡単に紹介すると、試験管にヒトのリンパ球の細胞を入れ、そこにカバノアナタケのエキスを入れたものと入れないものとを用意する。

次にそれぞれの試験管にエイズウイルスを注入し、変化を追って見ていく。

その結果、カバノアナタケエキスを入れない方の試験管では、たった3日でエイズウイルスは巨大細胞を形成し、エイズ感染状態となった。

一方、カバノアナタケエキスを入れた方は、エイズウイルスを入れても変化は起こらず、健全な細胞を保つことができたのである。

カバノアナタケエキスを入れた試験管とそうでない試験管での内部の反応には、明らかな違いが見られたのだった。

国立予防衛生研究所では、カバノアナタケを使ってエイズ感染阻止試験と増殖抑制試験を実施。

そこでもまたカバノアナタケのパワーが実証された。

「ED50」とはエイズウイルスの働きを50%止める濃度のことだが、カバノアナタケの場ムロ、なんと10億分の35gという微量でED50が測定されることがわかったのだ。

こうして、調査研究や学会発表が相次ぐなかで、カバノアナタケとエイズとの関連性がにわかにクローズアップされてきた。

周知の通り、ガンと同様にエイズの決定的な治療法はいまだに確立されていない。

合成新薬は有効だが、効果をあげるためには長期的な投与が必要となる。

これにより、末梢f経障害や急性膵炎といった副作用が新たな問題として生じてきてしまう。

そこで求められるのが、副作用の心配のない治療薬だが、なんとここで名乗りをあげたのは、日本ではまだ無名のきのこカバノアナタケだった。

その後の研究から、カバノアナタケのエイズへの有効性がもっと具体的にわかってきた。

99年11月11日の産経新聞では、第51回北海道公衆衛生学会で発表された内容が掲載された。

北海道立衛生研究所と前述の民間企業サラダメロン佐久間和夫代表の共同研究で、「チャーガにはインフルエンザウイルス、エイズウイルスの増殖抑制効果がある」ことが認められたというのだ。

この研究実験で、カバノアナタケから抽出した成分は、エイズ、インフルエンザ共にウイルスによる細胞変性を抑制する効果が見られた。

記事によると、実験で使われたのはカバノアナタケ(カバノアナタケ)を煮て得た抽出物を薬品などで処理した精製物。

これをさまざまな濃度にしてヒトのりンパ球からとった細胞に加え、エイズウイルス1型(HIV1)によって細胞が変性する程度を調べる。

細胞は37でに維持し、6日後に判定する。

その結果、精製物を溶かした溶液では細胞の変性が見られず、エイズウイルスの増殖を抑制できることを突き上めた。

エイズウイルスはりンパ球の細胞に取りつき、酵素を出して細胞の壁を破壊しながら増殖していくという特徴がある。

一度感染したら、周囲の健康な細胞と細胞膜を次々巻き込んで猛威を振るう。

しかし、カバノアナタケ精製物を溶かすと、細胞は攻撃を回避して健全なまま保たれるのだ。

このことは、「カバノアナタケの成分は細胞の壁を強化し、ウイルスの出す酵素を阻害する可能性がある」ことを示している。

さらに、過去3年間に流行したインフルエンザウイルスでも同様の実験を行ったところ、A香港型、Aソ連型、B型に関して効果が認められた。

単なる風邪と違い、インフルエンザウイルスは場合によっては人を死に至らしめる。

それほど強力なウイルスにも、カバノアナタケは有効性をアピールした。

「ではいったい、カバノアナタケのどんな成分が、ウイルスに効果的なのか?」

同学会では、エイズウイルスとインフルエンザウイルスの撃退に関わるカバノアナタケの成分名についてもここで公表している。

「リグニン分画」がその有効成分の名前だ。


癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸
2011.02.17 Thu l 健康 l top

カバノアナタケ茶




1991年以来、ロシアの医療事情は激変した。

ソ連時代には、医療に関して国が全面的に面倒を見ていたため、国民は医療費の心配無しに治療を受けることができていた。

ところが、ソ連解体後は自由化により健康保険で診察を受けられる医療機関は限られ、国立病院と地域の公立病院だけになってしまった。

民間病院では保険がきかないうえ、薬の値段がとても高くて庶民には手が出ない。

もともと、ロシアは輸入薬品に頼っていたため、国民の負担はかさむ一方である。

そのような、厳しい医療事情の打開策の一つとして、さしあたって自然医学に改めて目が向けられるようになった。

自然約を本格的な治療に使うことで、薬不足の問題を解決しようというわけである。




癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸
2011.02.02 Wed l 健康 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。