上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
これからは今まで以上に“貯金を守りながら増やす”必要があると、誰もが感じていることと思います。

しかし、現実には給料やボーナスが減る可能性のほうが高く、突然のリストラもありうる時代となっています。

さらに、この15年ほど銀行にお金を預けていても利息が低すぎて、ほとんど増えない状況です。

“貯金を守りながら増やす”には本当に厳しいご時世です。

家族や大切な人との将来を考えると、何か手を打っておきたいと思わずにはいられません。

そういったことから、投資に興味に興味を持つ方はたくさんいます。

ただ、投資に興味を持っても個人投資家の前には厄介なリスクがあります。

それは「心無い人間にお金を搾取されるリスク」です。

これは私が言うまでもなく、役に立たない投資情報を売りつける人たちによってもたらされるリスクのことです。

この腹立たしい状況を個人投資家は受け入れるしかありません。

と言いますのも、お金を払ってからでないと「役立つ情報」と「役に立たない情報」との区別がつかないからです。

情報提供者は、役立つ情報であろうが、なかろうが儲かります。

それに対して個人投資家は、投資をはじめる前から大事なお金を失うかもしれない不利な立場にあるのです。

そして運悪く「心無い人間」から投資情報を購入してしまうと、2つの損失を招くことになります。

貯金を守りながら増やす
スポンサーサイト
2009.04.16 Thu l お金 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。