「投資の中で一番利益を出しやすいのが「日経225先物」である」と。

なぜならディーラーは現物株では下値を売り込むことができません。しかし日経225なら下値を売り込むことができます。つまり下げ相場に強いのです。



この歴史に残る「下げ相場」の中、「日経225先物」がいかに重要か、お分かりいただけると思います。

株よりも、そしてFXよりも断然簡単な「日経225先物」こそが、

実は一番オススメできる商品なのです。



ここで、投資に興味を持っていても、何から始めればよいか迷っている方に、

「日経225先物」がなぜオススメなのか、

その理由を簡単に説明しておきたいと思います。



東証上場企業銘柄のうち、代表される225銘柄の株価指数の先物取引を指します。

先物取引とは、あらかじめ定められた期日(満期日)に、

特定の資産(原資産。ここでは日経平均株価)を、

あらかじめ決められた価格で売買する契約のことです。

取引単位は指数の1000倍が1単位。この最小取引単位を「1枚」と言います。



もし日経平均が上がると思えば「買い」、下がると思えば「売り」ます。

1枚につき、10円値動きがあるごとに、1万円の損得が発生することになります。





「ブレイク2008」プロに学ぶ日経225先物戦略
スポンサーサイト
2009.09.08 Tue l お金儲け l top